about

「玄廬」は1987年、東京西郊に生まれた文具のブランドです。

使い手の年齢や性別を問わない、簡素ではあるが粗末ではない、使い続けても飽きのこない製品づくりを目指しています。

玄廬の製品が共有する「印の四季」の世界は、篆刻(てんこく)と、俳句の季語との出会いから生まれました。

篆刻とは書の一分野で、一般には石や木の印材に文字を刻りますが、俳人でもあった創業者が俳句の季語をモチーフに、石に絵柄を刻ったのがはじまりです。

社名の玄廬(げんろ)は、創業者の篆刻家としての号です。